ランニングではダッシュはしない!

効率よく体脂肪を燃焼させるためにランニングを取り入れる際、ダッシュをしないことが必要となります。
ダッシュは使用されるエネルギーの種類が変わってしまうからです。
運動はランニングやエアロビクス、ウォーキングなど体脂肪を燃焼させる効果がある有酸素運動と、ダッシュや筋力トレーニングなど基礎代謝量を増やす無酸素運動に分けることができます。
どちらもダイエットには欠かせませんが、効率よく体脂肪を燃焼させるためには、長時間継続的で比較的弱い力が筋肉にかかり続ける有酸素運動を行って、脂肪をエネルギーとして使用しなければ効果はありません。
これは心拍数が上昇し、有酸素運動の強度でちょうど脂質を使用しやすい心拍数に維持されるためです。この状態を20分以上続けることで脂肪を燃焼させるためには、最も効率が良いのです。
しかし、ダッシュなど瞬発的に強い運動である無酸素運動は筋肉に貯めていた糖質を使用するので脂肪を燃焼することができなくなってしまいます。そのためダイエットにおいては効率が悪くなってしまうのです。
大切なのは長時間続けることのできる運動の強度を持続し続けることです。ダッシュは強度の強い運動なので、体力の消耗も激しく長く運動を続けられません。

Comments are closed.