大きな筋肉から鍛えることの重要性

筋力トレーニングを行う場合には、大きな筋肉から鍛えることが大切になります。これはトレーニングを行う順番でも大切であり、また体脂肪を燃焼させるためには、筋肉を大きくすることが有効だからです。筋力トレーニングを効果的に行うためには、成長ホルモンの分泌量を増やす必要があります。このホルモンは細胞の再生や修復に役に立つのです。トレーニングにより傷つけられた筋肉の細胞は、このホルモンにより回復され、そして以前よりも強い筋肉になるのです。なので効果を出すためには、このホルモンの分泌量を増やすことが必要になります。
成長ホルモンは大きな筋肉を刺激することにより、分泌量を増やすことができます。そのためトレーニングを始める場合には、出来るだけ胸や腹筋、脚を鍛えることが有効なのです。
また大きな筋肉を鍛えることが体脂肪の燃焼に役に立ってくれるのは、基礎代謝の向上にもつながるからです。基礎代謝は何もしなくても、生命を維持するために必要なエネルギーのことです。これは筋肉の量が増えれば増えるほど、消費されるカロリーが増えるのです。なので体が体脂肪をエネルギーとして消費されやすくなるために、脂肪の燃焼に役に立つのです。

Comments are closed.